マイナーな部材「棟板金」の大きな役割

屋根の上、屋根の面と面が接している山の峰の様な部分を「棟」といいます。この部分にに被せてある金属屋根材の事を棟板金といいます。この棟板金は屋根の継ぎ目から雨水の侵入を防いで防水する重要な役割を持っています。さらに、棟板金には屋根材の固定という大切な役割もあります。

この棟板金、通常は屋根の一番高い部分に設置されています。なぜなら、屋根と屋根の面が出会う場所は屋根の構造上、大部分の屋根では一番高い所になります。住宅の一番高い所にある構造物が棟板金なのです。そのため、棟板金は風雨に曝されるため、傷みやすい部材ともいえます。屋根の上という場所からも日常的に目につく事が少ないため、浮き上がりなどの異常を気付かない事も多くあります。昨年、近畿地方を襲った台風の映像で屋根から浮き上がって飛ばされる部材をご覧になった方も多いと思います。全てが棟板金ではありませんが、浮き上がった棟板金は強風などで飛ばされると非常に危険です。飛ばされた棟は保護を失うため、棟の構造が崩れたり、飛ばされたりとさらに大きな被害に繋がります。棟板金の損壊を防止するためには、定期的に点検する事が肝要です。しかし屋根の最も高い所にあるため素人普請は危険です。専門業者に依頼する方が無難です。だいたいの屋根屋さんは取り扱っています。点検は安価、時には無料の業者さんもあります。台風シーズンのまえには点検をして、棟板金の飛散等を予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です