剥がれやすくなった瓦屋根をガルバリウム鋼板へ屋根リフォーム

世田谷区にある我が家は築50年以上経った古い一軒家で、20年以上前に2階を増築したり外壁の塗り直しをしたことはあるのですが、瓦屋根はまだ触ったことがありませんでした。しかし、さすがに最近は瓦が強風で落ちたり、雨漏りをしたりするようになったので、梅雨に入る前に屋根のリフォームをすることにしました。まず、新しい屋根としてまた瓦を張り直すことを考えましたが、最近は瓦屋根の家も少なく私としてはあまり見た目が好きではなかったので、スレート屋根に変えるのはどうかと考えました。スレート屋根は色のバリエーションが豊富で、水や湿気に強くて重量も軽く、そして何よりも安価なところに惹かれました。ところが調べてみると瓦屋根より耐久性や防水性が低い可能性があると知り、スレート屋根は断念しました。

屋根工事中、ガルバリウム鋼板次に目をつけたのがガルバリウム鋼鉄の屋根です。アルミニウムや亜鉛等の金属で出来ているということで
したが、錆びにくく、軽量とのことでした(そのため耐震性にも優れているとのことです)。また、スレート屋根に比べメンテナンスの頻度は少なくて済むというメリットもあります。

なかなか決められないという事もあり、世田谷区でも工事をしてくれる街の屋根やさんに相談をし、色々と考えた結果、耐震性を重視してガルバリウム鋼鉄に決めました。また軽量なので、万が一落ちてきても瓦が落ちるよりも幾分危険性は少ないかもしれないという思いもありました。

工事工程や、期間、金額等の説明をしてもらい、工事を開始してもらいました。完成すると、まず屋根の見た目がすっきりして綺麗になっており、古い家ですが屋根は馴染んで見えました(フラットなデザインのものを選びました)。工事後は梅雨に入り雨が続く日々ですが、錆びに強いので心配なく過ごせています。また、たまに来る小さな地震にも耐え、屋根がずれたり落ちたりもしていません(瓦屋根の時、一度小さな地震で瓦が外れたことがありました)。秋になるまでに台風が立て続けに何度も来ましたが、今のところ影響はありません。