瓦屋根からガルバリウム鋼板にして耐久度が上がった気がする

元々、屋根は瓦(コンクリート瓦?・セメント瓦?)を利用していたタイプだったのですが、劣化するのが早すぎる上に、雨で瓦が弱っていくと言われており、新しい方法を採用した方がいいという話を聞きました。その方法自体がそこまでわからないので、千葉県で屋根工事を行っている街の屋根やさん千葉に問い合わせてみたところ、担当スタッフさんから色々説明を聞き、ガルバリウム鋼板というものを取り付けることができると話をされていました。これをつければ相当いい状態になるという話もされていましたし、コストと一緒に耐震性の増加も期待できるとのことでしたので、とりあえず使ってみることにしました。

工事は瓦を外す作業から入って、速やかにガルバリウム鋼板をを取り付けてくれました。雨の日は作業ができないことを考慮して、少しでも早く作業ができるよう、晴れている人が数日続いているタイミングで行いました。春先に晴れが続いているような状況で上手く行えたのがとてもいいことでしたし、これによってすぐに作業が完了して、確認作業も問題なく終わることが出来たので良かったです。

実際につけてからは、特に地震が起きたこともありませんが、雨が降っても安心感が出ているような感じもあります。腐食しているとか、何処か劣化しているなんてことがありませんし、ガルバリウム鋼板にしてから雨への耐久性も向上しているような、そうした雰囲気もあります。大きな雨でも心配がないところもいいと感じている部分で、もし瓦屋根を採用していたのであれば、大きな雨でだめになってしまったかもしれないと思っていることもありました。

GL鋼板 横暖ルーフきわみ変えたことによってトラブルは起きていないので、現状のところはガルバリウム鋼板のメリットが出ているのかなと思っています。ただ大掛かりなことはまだ起きていないところで、実際にどうなるのかはまだわかっていないところもあります。今後ガルバリウム鋼板のメリットが更に出てくるようなら、やっぱり工事をしたことがいいと思えるので、将来的にどうなるかに期待しています。